案内

投資といえば「みずほ証券」 メリットやネット倶楽部のアプリのご案内

投資といえば「みずほ証券」 メリットやネット倶楽部のアプリのご案内

投資といえば「みずほ証券」 メリットやネット倶楽部のアプリのご案内

「今の若い人は年金がもらえない」こんな言葉をニュースや私生活でもよく耳にすると思います。
老後の生活が心配で投資を関連を調べている中、大手のみずほ証券について調べてみました。
みずほ証券は就職に関してとても人気のある会社のようですね!
今回みずほ証券に投資するメリットやネット倶楽部のアプリのご案内と、後半は採用に関する情報ご紹介します。

 

みずほ銀行とは

みずほ証券は本社を現在は、東京都千代田区神田駿河台(ビル名:「御茶ノ水ソラシティ」、18 階~23 階)に構えていて、
みずほファイナンスグループの一社です。国内大手証券会社の一つで、個人向けだけでなく法人向けの口座なども存在します。株式や国債など、様々な金融商品を扱っているのが特徴になります。
近年、銀行金利の低下から個人や企業を問わず、資産の運用の仕方に悩む人は増えていて、年金不安は個人だけの問題ではなく、企業年金や退職金を確保しなければならない法人にも重くのしかかっているのが現実です。
みずほ証券は個人向けだけでなく法人向けの口座なども存在し、株式や国債など、様々な金融商品を扱っているのが特徴になります。近年、銀行金利の低下から個人や企業を問わず、資産の運用の仕方に悩む人は増えていて、年金不安は個人だけの問題ではなく、企業年金や退職金を確保しなければならない法人にも重くのしかかっているのが現実です。

みずほ証券サイト
>https://www.mizuho-sc.com/index.html

みずほ証券 ネット倶楽部 アプリ

時間と場所を気にせずに情報収集&お取引が可能になるサービスです。
お預かり資産やお取引の状況等、資産管理にもお役立ていただけて便利です。

ーみずほ証券が選ばれる理由ー

1 無料で使える各種チャートや充実の分析ツール
2 業界トップレベルのアナリストによる分析レポート満載
3 みずほ証券ならではの豊富な引受銘柄

ネット倶楽部 アプリでできることは?

●みずほ証券口座の管理ができる
アプリの利用で、みずほ証券口座の管理をすることが可能になります。MRF・預り金・外貨預り金・保有証券など、利用している項目ごとにその合計と利用者の保有証券総合計がどうなっているかが確認可能です。なお、これは「資産残高サマリー」と呼ばれます。また、株式・投資信託・債券など、保有資産の状況も確認でき、さらに売買も可能です。これは「資産残高一覧」と呼ばれるものとなります。

●パスワード・登録情報の変更が可能
登録後も、パスワードや登録情報の変更が可能です。パスワードをセキュリティ強化のために変更したい、あるいは忘れてしまったため変更したいという場合も、アプリで変更ができます。
なお、パスワードの初期化に関しては、サポートダイヤル(0120-324-607)からでも対応してもらうことが可能です。

●株価ボードなどで投資情報が閲覧可能
株価ボードなどを利用して、投資情報を閲覧することもできます。みずほの取引コースである「3サポートコース」と「ダイレクトコース」のどちらを利用していても閲覧可能です。

●特定株価の検索と取引ができる
特定株価の検索、および取引も可能です。こちらも取引コースを問わず利用でき、ネット環境があれば基本的に場所問わず取引していくことができます。なお、Androidでは2.3以降、iOSでは4.0以降のOSのバージョンが推奨されており、これ以前のものであれば取引ができないか、もしくは十分に動作しない可能性が生じるため注意しましょう。また、iPadなどのタブレット端末は推奨環境外となっています。

●登録済金融機関への出金・送金が可能
登録済の金融機関への預り金や、MRFの送信指示を行うこともできます。希望の金融機関がある場合は、その金融機関の口座が必要となるのであらかじめ用意しておきましょう。

●各種報告書の電子交付が可能
報告書等が必要になった場合、こちらもアプリから電子交付が可能になっています。なお、紙面での報告書ではないのでご注意ください。なお、確定申告の際の「特定口座年間取引報告書」に関しては、原本を郵送で利用者に郵送することとなっています。報告書の電子交付は、プライバシーの保護や、書面管理の簡素化に役立つ、といったメリットがあります。

 

ネット倶楽部利用申込(資料請求)

>https://www.mizuho-sc.com/inquiry/netclub.html

みずほ証券 採用に関して

知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数を調べてみました。

ーみずほ証券の選考情報ー
①:選考の内容と流れ
それでは一緒に選考情報を見ていきましょう。まず初めの選考情報は選考の流れと内容です。みずほ証券の採用する学生の学歴は決して高学歴にはこだわりません。また採用人数は毎年約300人の採用人数です。みずほ証券の採用選考の内容と流れはこのようになっています。エントリーシートの提出から書類選考を経て、ウェブテスト、適性テストなどがあります。その後約4回の面接があります。1次面接と2次面接では人となりを見るような質問がほとんどです。3次面接は役員面接です。3次面接が終了後「次のステップに進む人には2週間以内に通知します」と告知され、通知がきたら最終面接に挑むことになります。3次面接くらいから、証券会社ならではの専門用語が飛び出すようになります。普段から経済新聞などを読んで面接に対応できるようにしておきましょう。それでは、学歴に関する選考情報を見ていきましょう。

②学歴を伏せて選考を行っている
みずほ証券の採用する学生の学歴は決して高学歴にこだわりません。また採用人数は毎年300人ほどの採用人数となっています。みずほ証券では学歴や偏差値ではなく、人物重視の採用選考を行っています。採用選考は学歴を伏せて実施していますが、筆記試験に偏差値が現れます。採用選考では筆記試験よりも面接に重点を置いており、面接は5回ほどととても回数が多いのも大きな特徴です。
しかし実際の採用実績校は名門校が多い
続いて、選考情報で見られる採用実績校を見てみましょう。過去の採用実績校は、国内外の国公立私立大学・大学院および短期大学・専門学校などとなっています。具体的に在籍している社員の出身大学を見てみると、東京大学、早稲田大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、中央大学、上智大学、法政大学、同志社大学、立命館大学、金沢大学などがあります。次に採用人数の選考情報を見ていき

●採用に関して(みずほ証券サイトより)
>https://career.mizuho-sc.com/

●社員の口コミ、評価
>https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000G2Oz