案内

ディズニーシーのチケット、アトラクション、レストラン、混雑などご案内

ディズニーシーのチケット、アトラクション、レストラン、混雑などご案内

ディズニーシーアトラクションや混雑状況などについて

東京ディズニーシーは園内が7つのテーマポートに分かれています。

テーマに合わせてアトラクションやレストランが置かれており、またテーマに沿ったキャラクターのお出迎えなどがあります。

テーマポート一覧は以下の通りです。

・メディテレーニアンハーバー

南ヨーロッパの港町をテーマとしており、建物なども港町風のものに仕立て上げられています。

・アメリカンウォーターフロント

アメリカの港町をテーマとしています。
・ポートディスカバリー

SF小説の未来都市の港をテーマとしています。

・ロストリバーデルタ

中央アメリカの熱帯雨林地域をテーマとしてます。

・アラビアンコースト

アラビアンナイトの世界をモチーフにしています。

・マーメイドラグーン

リトルマーメイドの世界をモチーフにしています。

・ミステリアスアイランド

1800年代の南太平洋の火山島をテーマにしています。

ディズニーシーのアトラクション

ディズニーシーの人気アトラクションをご紹介します。

テーマによってさまざまなコンセプトがあるので、どのアトラクションも新鮮味があって何度でも行けてしまいます。

ニモ&フレンズ・シーライダー

2017年5月12日にオープンしたニモ&フレンズ・シーライダーは、自らが魚となって海を冒険するライド型のアトラクションです。

ファインディング・ニモの世界を体験でき、映像とライドシステムが連動しているためかなりリアルな世界を体感することができます。

ハンク、ベイリー、ニモ、ドリー、デスティニー、ベッキーなどお馴染みのキャラクターがたくさん出てきますが、乗るたびにどのキャラクターが出てくるかはランダムなので何度も乗ってみたくなります。

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

雨天時でも問題なく楽しめるシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジは、ボートライド型のアトラクションですが絶叫系ではないので子供からお年寄りまで楽しめます。

定員が24名と回転率が良いので待ち時間も少なくオススメです。

途中、演出で水が降ってきたりバナナの匂いがするなど凝った造りになっています。

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー

こちらも室内ライド型のアトラクションです。

絶叫系と言われたり言われなかったりしますが、カリブの海賊ほど激しくはないので絶叫系初心者におすすめのアトラクションとなっています。

ディズニーシーの混雑予想カレンダーについて

ディズニーシー及びディズニーランドは混雑予想を行っており、過去の傾向や天気、イベント状況などから推測してどの程度待ち時間があるかを予想しています。

なお、全てのアトラクションの平均待ち時間から算出しているため、各アトラクションの待ち時間やリアルタイムは公式サイトでご確認ください。

目安としては、休日や大型連休の時は人気アトラクションでは最大で約240分待ちなどもありますが、平日であれば長くても90分程度の待ち時間で済むようです。

過去のデータ(2017年5月GW付近)

1日(月) 最大110分(平均31分)
2日(火) 最大140分(平均41分)
3日(水) 最大180分(平均53分)
4日(木) 最大240分(平均64分)
5日(金) 最大190分(平均53分)

6日(土) 最大100分(平均32分)
7日(日) 最大100分(平均27分)
8日(月) 最大30分(平均15分)
9日(火) 最大50分(平均19分)
10日(水) 最大60分(平均22分)

ディズニーシーのレストランについて

ディズニーシーには38のレストランが存在します。お昼ご飯時には混雑が予想されるため、予約を取っておきたいものです。

いくつかは事前予約が可能なレストランがあるのでご紹介します。

<事前予約可能なレストラン>

マゼランズ

リストランテ・ディ・カナレット

レストラン櫻

S.S.コロンビア・ダイニングルーム

ホライズンベイ・レストラン ディズニーキャラクターダイニング

予約に関しては、前日までの受付は利用日の1ヵ月前10:00~前日20:59まで、当日枠はオンラインで毎日9:00より受付を開始しています。

10:00からレストラン店頭でもプライオリティ・シーティングの受付を行っています。