案内

駿河屋の宅配買取と直接売りに行くのどっちがお得?買取・店舗について案内

駿河屋の宅配買取と直接売りに行くのどっちがお得?買取・店舗について案内

駿河屋の買取、店舗案内、通販サイトまとめてご案内

ゲーム、CD、DVDなど、売りにいこうと思った時、

「インターネットの宅配買取と直接売りに行くのどっちが高くなるんだろう?」と疑問に思う人は多いと思います。

駿河屋を利用する際の注意点や店舗情報などご紹介していますので是非ご覧ください^^

 

駿河屋とは

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュアなどを中心に販売しているお店です。

実店舗と通販サイトで販売をしており、商品の品揃えはネットサイトの方が豊富で、

比較的価格が安いのが特徴です。

また実店舗は各店舗によって取り扱い商品が違うので行く場合は品揃えを先に確認しておくことをオススメします。

駿河屋ネットサイトはこちら

▶︎https://www.suruga-ya.jp/

●駿河屋の配送スピード

駿河屋で一番問題視されているものは発送スピードです。

Amazonなどで慣れている方はすごく遅く感じると思います。

予約品は頑張って早く到着するものがあるみたいですが、

中古商品は基本的には1週間ぐらいたってからの発送と思っていた方がよく、

忙しい時期ですと2週間かかる方もいるので配送スピードを考えて注文する必要があります。

●駿河屋の送料や代引き手数料などについて

送料は 購入金額によって異なります。

1000円未満で送料309円
1500円未満で送料257円
1500円以上で送料無料!
(北海道、沖縄、離島、その他一部地域は追加送料がかかる場合あり)

代引きは500円

不定期で送料無料・代引き無料キャンペーンも開催されます。

1300円以上お買い上げで送料無料、
1300円以上お買い上げで送料と代引き手数料など。

通常時でも1500円以上で送料無料ですので気軽に利用できます。
初めての利用でクレジットカードなどが不安な方も
代引き無料キャンペーンなどで試してみてもいいと思います。

支払い方法は
・クレジットカード
・代金引換 ※手数料500円(無料キャンペーン不定期で開催)
・PayPal
・ペイジー(Pay-easy)※手数料150円
・現金書留(書留封筒などの費用はお客負担)

駿河屋買取について <メリット&デメリット>

ネットショップ駿河屋では「あんしん買取」または「かんたん買取」の二種類があります

それぞれの買取の方法、メリット・デメリットを紹介。

駿河屋のあんしん買取とは

あんしん買取は、買取をしてもらう商品の一覧を事前に駿河屋に送り、査定額の見積もりを出してもらった後に買い取ってもらう方式です。

<申込から代金の受け渡しまでの流れ>
1.無料査定を申し込む(買い取ってもらう商品の一覧を送る)

2.査定額の見積もりがメールで届く

3.商品を梱包して指定の住所へ発送する

4.査定額を確認する

5.銀行振込または現金書留で代金を受け取る

あんしん買取は1,2の手順で査定額の見積もりを確認できるのが特徴で、その分手間と時間がかかります。

商品の一覧登録は商品数が少なければそれほどの手間ではありませんが、数が多ければ数時間単位でかかります。

また査定額の見積もりが出るまでに数日〜2週間程度かかることもありますので時間もかかります。駿河屋は通常の購入注文でもかなり時間がかかりますが、買取も例にもれず時間がかかるため注意が必要です。

その他の特徴として査定額の見積もりを出してもらってから1週間は、その見積もり額で買い取ってもらうことが保証されます。

どういうことかというと、駿河屋の商品の買取額は日々変化しているのですが、あんしん買取で査定してもらった商品に関しては、その変化する買い取り額の影響を受けずに査定額で買い取ってもらうことが保証されるということです。

つまりAという商品のあんしん買取の査定結果が100円であったなら、次の日の駿河屋のAの買取価格が1円になっても問題なく100円で買い取ってもらえます。もちろん逆の場合もあり、次の日にAが1000円になっても100円で買い取られます。

ただし商品の状態によっては減額されますので100%見積もりの価格で買い取ってもらうことを保証されているわけではありません。

駿河屋のかんたん買取とは

かんたん買取は見積もりなどを出さずに買取をしてもらう方法で、その分時間がかかりませんが事前にいくらぐらいで買い取ってもらえるかはわかりません。

買取から代金の受け渡しまでの流れは以下の通りです。

1.買取を申し込む(商品の一覧は送らない)

2.商品を梱包して指定の住所へ発送する

3.査定額を確認する

4.銀行振込または現金書留で代金を受け取る

かんたん買取の特徴はなんといっても手間が少ないことです。

申し込んだ後は売りたい商品を段ボールに詰めて送るだけという簡単さが売りです。またあんしん買取のように見積もりが出るまで待つ時間を短縮することができるため時間もかかりません。

ただし事前に買取金額が分からないため思いのほか安く買い取られてしまう可能性もあります。

もちろん3の査定額の確認の段階で納得できなければ買取を拒否することもできますが、その場合には商品の往復の送料を負担しなければなりません。

商品の査定については日々変動する買取価格を元に査定されます。買取価格は上がったり下がったりしますので、あんしん決済と比べて高いことも安いこともどちらもあります。

それぞれのメリットとデメリットまとめ

あんしん買取のメリット
・事前に買取金額がわかる
・見積もり段階でのキャンセルであれば送料などがかからない

あんしん買取のデメリット
・商品のリストを登録する手間がかかる
・見積もりが出るまで時間がかかる

かんたん買取のメリット
・登録して送るだけなので手順が簡単で手間がかからない
・見積もりを出さないため時間がかからない

かんたん買取りのデメリット
・査定額に納得がいかない場合には送料を負担する必要がある

あんしん買取とかんたん買取で送料を無料にする方法

●あんしん買取で送料が無料になる条件

送料が無料になる条件は以下の通りです。
・買取査定額が3000円以上

・ゆうパック着払いで発送

・100サイズより大きい段ボールを利用(二個口以上での発送の場合)

あんしん買取では買取をしてもらう商品の査定額の見積もりを商品発送前に出してもらえます。

その時点で3000円を超える場合には日本郵便のゆうパック着払いで発送すれば大丈夫です。

送料が無料となる条件の3000円というのは見積もりの時点での額であり、駿河屋に送った実際の買取商品の状態が悪いなどで実際の査定額が3000円を割ったとしても見積もりの時点で3000円を超えていたのであれば送料は無料となります。

また配送方法はゆうパックの着払いであることも条件です。ゆうパックでも元払いで送ってしまったり、ヤマト運輸の宅急便で発送してしまった場合には送料を自分で負担しなければなりません。

商品の量が多く、梱包のダンボール箱の数が複数個になる場合には100サイズ以上のダンボールを使わなければなりません。

100サイズとは縦・横・高さの合計が100cmということです。ゆうパックで利用できるサイズの上限は170サイズですので100〜170サイズのダンボールを利用することとも言い換えることができます。

ただし1つまで100サイズ以下のダンボールを利用することができます。つまり例えば3個口であれば100サイズ以上2つと100サイズ未満1つの3箱で送っても大丈夫ということです。

●かんたん買取で送料が無料になる条件

送料が無料になる条件は以下の通りです。
・買取してもらう商品が30点以上

・ゆうパック着払いで発送

・100サイズより大きい段ボールを利用(二個口以上での発送の場合)

かんたん買取では査定の見積もりが出ませんので送料無料の条件は買取額ではなく買取商品数となっています。

買い取ってもらう商品数が30点以上なら送料無料となりますが、買取不可の商品はカウントされませんので、もし発送前に30点を超えていても、買取不可商品を弾かれて実際に買い取ってもらえるものが30点未満になってしまった場合には送料を負担しなければなりません。

下二つの条件についてはあんしん買取と同様ですので説明を省きます。

●送料無料の条件を満たさない場合
この場合はゆうパックの元払いで送れば大丈夫です。またヤマト運輸などを使っても支障はありませんが、どちらの場合でも着払いで送った場合には送料を請求されます。

駿河屋自体が基本的に買取を利用する場合には送料無料条件を満たしていることを前提としているため、駿河屋のホームページ(懐かしの名作から最新作までの豊富な品揃え!通販ショップの駿河屋)にも送料無料条件を満たさない場合の発送方法についての記述はありません。

●送料を無料にする小技

あんしん買取とかんたん買取で送料が無料になる条件が違うのは見ての通りです。

そこで例えば1点で買取価格1万円の商品を買い取ってもらう場合、あんしん買取であれば送料無料になりますが、かんたん買取であれば送料を請求されます。

逆に50点で買取価格が2000円程度にしかならない場合には、あんしん買取であれば送料を請求されますが、かんたん買取であれば送料が無料になります。

買取をしてもらうものが30点以上かつ3000円以上であれば特に考える必要もありませんが、どちらかしか満たしていない場合には都合のいい買取方法を選ぶとお得に買取りしてもらえます。

駿河屋 店舗一覧

東京

  • 池袋店
  • 新宿マルイアネックス店
  • 秋葉原プラモデル館
  • 秋葉原トレカ・ボードゲーム館
  • 秋葉原駅前店
  • 秋葉原店アニメ・ホビー館
  • 秋葉原店ゲーム館

静岡

  • 静岡本店
  • 馬渕店

愛知

  • イオンモール名古屋みなと店

大阪

  • 日本橋オタロード店
  • 高槻店
  • 高槻店トレカ館

京都

  • 京都寺町店

兵庫

  • 神戸三宮フィギュア館
  • 神戸三宮ゲーム館
  • 神戸三宮1号店
  • 兵庫店
  • 兵庫店トレカ館
  • 兵庫店知恵蔵書店サイド

福岡

  • 小倉あるあるCity店

駿河屋 店舗検索
▶︎https://www.suruga-ya.jp/feature/shoplist/index.html