案内

Anytime fitnessの店舗案内、料金システム、口コミ・評判についてご紹介

Anytime fitnessの店舗案内、料金システム、口コミ・評判についてご紹介

Anytime fitnessの店舗案内、料金システム、口コミ・評判についてご紹介

運動を始めよう!と思い立ったら、まず頭に浮かぶのは「ジムに通う」という方多いのではないでしょうか?
初心者さんはどこに通ったら続けることができて、しっかり効果が出るのか悩みますよね。
そんな人におすすめしたいのが24時間ジムの「エニタイムフィットネス」。
エニタイムフィットネスの店舗案内、料金システム、口コミ・評判についてまとめてご紹介します。

エニタイムフィットネスってどんなジム?

「エニタイムフィットネス」は24時間年中無休のフィットネスジムです
24時間営業のジムはいくつかありますが、エニタイムフィットネスはその先駆けであり、最も規模が大きいと言えます。

●エニタイムフィットネスの良いところ
①24時間年中無休営業
24時間営業はいつでも気軽に通えるという事が強みであり、多忙な人であったり、不規則なライフスタイルの人はすごく便利なんですよね。それぞれ利用者のライフスタイルに合わせて、好きな使い方をできるのはとても嬉しい点です。

②ジム内土足OK
エニタイムフィットネスではジム内は基本的に土足OKです。自宅が近くの人なんかは、トレーニングウェアとシューズでジムに行き、そのままトレーニングをし、そのまま帰宅するというパターンも多い様です。毎回大きな荷物を持ってトレーニングに行かなくてすみますし、ズボラな方は特に嬉しいサービスかもしれませんね。
ジムを利用せず、出勤前・帰宅前にシャワーを浴びに来る人や、外でランニングをしてシャワーだけを利用しに来るという使い方をする人もいるようです。(笑)それぞれのライフスタイルの一部に気軽に、自由な使い方を出来るのもエニタイムフィットネスの良いところかなと思います。

③駅から近くて通いやすい
エニタイムフィットネスは、基本的に駅から近く主要な商圏のすぐ近くにあります。
それぞれ利用者にはジムに通う理由があると思いますが、継続する為には習慣化したり、通うことが「面倒臭い」とならないことが大事ですよね。ジムに通いだすとわかりますが、仕事で疲れてたり、ちょっと面倒だなって思うと、あっという間にジムに通う回数が減り、しまいには行かなくなってしまいます・・・。これは多くの人が経験あると思いますし、強い意志がない限り仕方ありません。ですので、ますは「通いやすいこと」「通うのが面倒になる要素が少ない」というのがとても大事になってくるのです。

④最新マシンの充実
エニタイムフィットネスには、プールやスタジオはありませんが、最新のマシンが充実しているマシン特化型ジムです。ランニングマシンは、ひとつひとつモニターが付いているので、ユーチューブやテレビを観ながらや音楽を聴きながらランニングをすることもできます。

⑤トレーナーによるパーソナルトレーニング
エニタイムフィットネスでは、パーソナルトレーナーによるトレーニングプログラムを受けることもできます。
トレーニングの効果をいち早く体感したい方はパーソナルトレーナーをつけ、効果的なトレーニング方法やトレーニングのマンネリ化の打破をすることをおすすめします。適切なトレーニング方法を知っているのと知らないのとでは、まったく成果が違ってきますので、トレーニングの楽しさがアップしてくるかも?!

エニタイムフィットネス 料金

価格もお手軽なんです!
価格は、月会費のみで7000~8000円ほど。(店舗により若干違いはあり、都心になるにつれ高額になる傾向)
エニタイムフィットネスのホームページから各店舗の料金が確認でき、お住いの都道府県を選択して、店舗名をクリックすれば店舗ごとの利用料金が見られます。月会費さえ払えば、月に何度利用してもオーケーです。
他店に比べてわりと敷居が低い方だと思うので試しに始めてみたいという人にもおすすめです。
入会金や初期費用無料キャンペーンをやっている時もありますので、近くの店舗を覗いてチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

エニタイムフィットネス各店舗の料金表はこちら
>>https://www.anytimefitness.co.jp/list/

<契約専用ロッカー>
専用個人ロッカーを契約は月1,500円ほど(店舗により別)で可能となっております。
シューズやウェア、シャンプー、ボディソープ類を保管しておけば、手荷物ゼロでより利用しやすくなりますよ。

エニタイムフィットネス 口コミ・評判

エニタイムフィットネスの口コミや評価を調べてみたところ、24時間フィットネスクラブは「狭い」印象が強い様なのですが、エニタイムフィットネスは割と広く、月額も低価格で初心者も始めやすいという内容が多くありました。また、24時間でいつでも行けて自由に理由できるところやアクセスが良い場所に多かったりする点も人気がある様です。逆にデメリットとして上がっていたのは24時間営業のため深夜はスタッフがいないという点が女性にとっては不安という声もありました。

エニタイムフィットネス 店舗

日本国内にも現在97店舗。世界2965店舗。そして今なお、どんどん店舗数を増やし続けている、米国NO.1のフィットネスクラブ・ジムです。日本では東京に約100店舗、大阪に約50店舗、福岡に約30店舗もあり全国に展開都市には必ずあるといった感じですね。お近くの店舗の検索は下記エニタイムフィットネスのホームページより確認ができます。

エニタイムフィットネス 店舗検索
>>https://www.anytimefitness.co.jp/map/

エニタイムフィットネス 退会

●退会の手続き
退会の際は所属店舗にて、退会手続き(「退会届」の提出)を行います。退会手続きの締切日は、「毎月10日」で、当月の月末での退会となります。なお、最終の月会費は、退会月の27日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に口座振替にて引落しになります。
※ 10日がノースタッフデーの場合、前営業日が締切日。

●休会の手続き
所属店舗にて、休会手続き(「休会届」の提出)を行います。休会手続きの締切日は、「毎月10日(※1)」で、休会開始希望月の1日より1ヶ月単位で休会扱いとなります。休会届をご提出いただく際に、復帰月をご記入します。復帰月から自動復帰となり、通常の月会費をお支払いになります。(※2)
※1 10日がノースタッフデーの場合、前営業日が締切日。
※2 休会期間中は休会費1,080円(税込)が発生します。