ニュース

愛知県が緊急事態宣言が発令されない政治的な理由。日本の経済的損失がヤバイ・・・

トヨタの車の一覧、レンタカー、会社情報などについてご紹介

4月8日に新型コロナウイルスの拡大の被害を抑える為、
7都府県に緊急事態宣言が発令されました。
そんな中、愛知県が対象となっていないことで政治的な思惑が指摘されています。

緊急事態宣言が発令された7都府県

国内の感染者数は日に日に増えており、海外に比べて日本は対応の遅さが際立っていました。
海外はロックダウン(都市封鎖)を行っているにも関わらず日本は「自粛」のみでしたが、ついに日本でも緊急事態宣言が発令。

しかし、今回の発令は7都府県にのみ出される結果になりました。

今回対象となるのは東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡。

感染者数の県別の人数

4月8日時点
感染者数と入院患者数は重複あり

厚生労働省が国内の感染者数の多い県についてまとめてあります。

これを見ると、今回発令のあった7都府県は確かに感染者数が他の件に比べて多いのが分かります。
北海道は3月に感染が拡大したことから、緊急事態宣言を発令しています。

しかし感染者が多く、死者に至っては国内最大の愛知県が今回の緊急事態宣言の対象になっていません。

愛知県が緊急事態宣言の対象ではない理由

日本が海外に比べて、これほど対応が遅くなっているのには理由があるようです。
お気付きだとは思いますが、緊急事態宣言などを行うと経済的な損失が莫大になります。

ただでさえ、東京オリンピックの1年間の延期が決まり、収束しなければ中止になる恐れがあります。
延期で数兆円の経済損失が確定している以上、緊急事態宣言での損失を防ぎたかったのです。

愛知県が対象とならなかったのはトヨタの存在。
日本最大の輸出企業であるトヨタ自動車は、日本の株価に直結しているといっても過言ではありません。

トヨタの工場のある愛知県の豊田市。
工場の稼働が停まるという事態になれば、株価の影響は計り知れません。
関連会社や子会社までも影響を受けてしまいます。

このことが愛知県を緊急事態宣言を出せない理由になっているようです。

トヨタの社員がコロナウイルスに感染

愛知県豊田市の元町工場で従業員が感染者が発生しました。
この従業員は感染したと思われる3月末の東京旅行の後は勤務していないとのことで、直接的な工場の稼働には影響していないようです。

しかし、高岡工場で従業員の感染と二次感染が判明したため、3月23~25日の3日間、工場の第1ラインの生産稼働を停止しました。

また、海外の需要が激減していることによって国内5工場7ラインの操業を停止しました。

愛知県の緊急事態宣言はいつ?

このまま愛知県の緊急事態宣言が行われなければ、想定より長期間の工場停止になりかねません。
現に、宣言が出された7都府県では「里帰り」する人が多く、感染者の全国的な広がりが懸念されています。

愛知県知事は今回、多くの感染者と死者が出ているにも関わらず対象とならなかったことを受け、政府へ発令の要望を出しています。

今後、コロナウイルスによって世界はどうなっていくのでしょうか?
中国の武漢では封鎖が解かれましたが、中国国内の感染者の人数には隠ぺいの疑いなども指摘されています。

1人1人が「他人事でない」という自覚を持ち、感染者を広げない努力が今後も長期間求められます。