ニュース

【医療崩壊】富山市民病院で集団感染!医師100人以上が自宅待機の悪夢

新型コロナウイルスの集団感染が発生した富山市の富山市民病院。
これまでに全体の5分の1に当たる100人以上の看護師が自宅待機になっていることを明らかにした。

医療崩壊間近の富山市民病院

4月14日時点で富山市民病院では医師と看護師合わせて8名の感染。
入院患者の感染が9名と合計17人の感染が判明しています。

日に日に感染者が増えていっており、それに伴って濃厚接触者も急激に増加。
医療スタッフ全員で176名も濃厚接触者として疑われている。

このうち100名が自宅待機になっており、通常の業務も行えない程に残ったスタッフに負担がのしかかっていることを明らかにしました。

このまま院内で感染者が増え続ければ医療崩壊もすぐに起きてしまうことを強調し、他の病院へ患者を移していく措置を進めるとしている。

過酷な現場スタッフ

残ったスタッフは凄く過酷な状況で、車内泊を行いながら医療にあたっているスタッフも居る。
これだけ院内で集団感染が広がっていればスタッフも家族の居る自宅へ帰って感染させてしまうリスクがあるとしたら、帰るに帰れないでしょう。

外出自粛にも関わらず医師が送別会に参加

病院側はコロナウイルスの感染拡大を受けて、全医療スタッフへ飲食を伴うイベントや飲み会などを自粛するように要請していた。
にも関わらず、スタッフ9名が退職する職員の送別会に参加。

このうち整形外科の2人の医師が感染している。
感染している患者にとって最後の砦となる医療現場。

お世話になる側としては大変ありがたいが、こういった軽率な行動によって救える命も救えなくなる場合もあるでしょう。
医師もピークに来ているのが現状なようです。

富山市民病院の地図

富山市民病院の集団感染に関するSNSのコメント