芸能

【画像】TM NETWORK再結成!小室哲哉再び「アイデアとエネルギーは進化」

小室哲哉さん(62)、宇都宮隆さん(63)、木根尚登さん(64)による音楽ユニットTM NETWORKが6年ぶりに活動を再開、10月より再始動を発表しました。

小室さんは2018年に引退を宣言したものの、昨年から音楽活動を再開しておりTM NETWORKの再始動により、本格的な活動再開となります。

小室哲哉が音楽活動復帰

「進化したアイデアとエネルギー」
「TM物語は続く」
「プロデューサー小室哲哉復活」

一世風靡した大物ミュージシャン、作曲家」、プロデューサー。

数回の活動休止、引退宣言、復帰宣言に振り回されたとも言える世間とファンたち。

今回の復帰にも歓喜の声、厳しい声、賛否両論の声が上がっていますが、TM NETWORK3人のコメントからは、音楽への情熱 また3人の絆や、宇都宮さん、木根さんの音楽はもちろん、小室さんへの深い思いを感じます。

小室哲哉さんのコメント

改めて、お騒がせし、ご心配やご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。今しばらく音楽をやらせてください。働かせてください。

体力は以前より後退しましたが、なにより音楽を創るアイデアとエネルギーは確実に進化していると感じています。

TMはTMなりの活動をしたい。僕は僕なりの創作をしたい。

いろいろな過ちがあっても、まだやれると背中を押してくれる友がいる。

待っていてくれるファンがいる。

これからの自分に残された時間にできること全てで、音楽で少しでも光を灯せたら。

と、このコロナ禍に沢山の事を考え奮起致しました。

毎日感謝でいっぱいです。

この気持ちを忘れることなく、これからまた創作に励みます。  

宇都宮隆さんのコメント

6年ぶりにTM NETWORKとして、久しぶりに復帰した小室と音楽を通して向き合うことができ心強く感じました。

それぞれの個性は何も変わらず、TM NETWORKの物語は、まだ続いているんだと、確信できた気がします。このような時期でもありますが、TMとして、初の試みの無観客配信LIVEを見てもらいたいと思います。

木根尚登さんのコメント

今まで事ある毎に言ってるから、聞き飽きてるかもしれないけど、歳を重ねる毎に強くなって行くんだ。てっちゃんやウツに出会ったから、TMがあったから、こんなに長い間音楽ができたんだって。

あれから何十星霜、色んな事があったけど皆んなに支えられて今を迎えられたんだと思います。そして、てっちゃんが戻って来てくれて僕に新たな挑戦を投げかけてくれる。

あーTMってこうしてやってきたんだと、プロデューサー小室哲哉を確信しました。

久しぶりに3人で音を奏でた時、心からそう思いました。

小室哲哉さんを支える二人

宇都宮隆さんは1980~1990年代に青春を過ごした中年層にとは伝説的存在のアーティストとなっています。
ミュージカルの舞台や、TM NETWORKでもドラマ仕立ての楽曲で演じるなど、多岐に渡る活動を展開してきました。2005年始動のユニットU-WAVEでも、ネット配信を中心に、芝居やコントを融合させた音楽を発信。どこかしら謎めいた魅力を持つ宇都宮隆さん。

TM NETWORKも宇都宮隆さんなくしては伝説を作ることは難しかったかもしれません。

 木根尚登さんはTM NETWORK時代には、性格も音楽性もまるで違う、小室さんと宇都宮さんの、橋渡しのような調整役も担われていました。

ソロになってからは、音楽以外にも、他のアーティストのプロデュースの他、小説の執筆、俳優業など、幅広い分野で活動されています

 

ギター担当なのにギターが弾けない

「エアギタリスト木根です。」と登場した番組では「話術がすごい」と話題に。
意外な才能を発揮されたようです。

木根さんは、バラエティ番組で、TM NETWORKの大ヒット曲「Get Wild」では、ギターを弾かず、弾いているフリだけの「エアギターだった」ことを告白!

TM NETWORKでは、もともとキーボードを担当していた木根さんに、

小室 :「キーボード二人は地味だし、木根はアコギ弾いてたからエレキも出来るでしょ。」

木根 :「アコギとエレキは全く違う、エレキは弾いたことがない。」

小室 :「音を出さずに弾く振りをしていればいい。」

仕方なく、エレキギターを担当することになり、
エアギターのパフォーマンスをされていたというのです。

さらに、木根さんは、そのエアーギターの陰で、
本当に音を出していたのが、デビュー前のB’zの松本孝弘さんだと告白。影武者がまた凄いですね!

実際はバラエティー番組に乗せられたネタだった

確かに最初のツアーの時は、上の会話のように
小室さんのアイディアで提案されエアギターだったものの、
次のツアーからはちゃんと弾いていたと発言されています。

バラエティ番組の演出で、「ギターを弾いていなかったことしよう」となり、木根さんもその方がネタになるならと、乗せられたようです。

後から、所属会社やファンから叱られたとも話題になりましたが、番組での巧みな話術は、ネット上で大きな話題となり、意外な才能が注目されました。

再始動の第一弾となるのは『How Do You Crash It?』と題された、10月から隔月で配信される3回連続のオリジナルライブ映像作品。還暦を過ぎた3人が発信するパフォーマンスに期待が高まります。